数年前に自転車で走行中、道路のくぼみにハマり転んだ拍子に右肩を完全脱臼しました。 すぐに病院で整復してもらいましたがその際、「ここまで完全に脱臼してると後遺症で関節を動かしすぎると痛みが出やすくなる」と言われました。 その時はそうなのかと思ったぐらいでしたが、実際痛みが出始めると不便で仕方ありません。 肩というのは人間の関節の中で唯一、360度の可動域がありどうしても酷使しがちの上、私の場合利き手でもあるので何をするにも負担がかかるわけです。 特に肩より上に手をあげて長時間作業しようものなら次の日は鈍痛に悩まされ毎度、湿布を張りまくって凌いでいます。 完治後、クロールでちょっと泳ごうとしたら300mも泳がないうちに痛みで肩が上がらなくなったときにはびっくりでした。 また痛みがある時は寝るときに右肩を下にすると関節がずれているような何とも言えない違和感があり、睡眠まで妨げられます。 整形の先生が予後を考えるといっそ単純骨折の方が治りが良いと言っていたのをわが身をもって実感しています。

Copyright © 2002 www.martomgsm.info All Rights Reserved.