外国為替証拠金取引(FX)に関しての良いところは単独の投資商品であるが、資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の期間からどの種類を選ぶかで投入のやり方が大きく異なる部分にあります。仕事 辞めたい アフィリエイト

初めに外貨への投資の「長い時間をかけるスタンス」について詳しく見てみよう。

長期というものは一年以上の投資を基準にしているのが普通です。

一般的に為替レートにおいては一年以上先々の為替レートは円高なのか、それとも円安だろうかを推測するなんてことは、多くは難問でしょう。

正直なところ、「そんなにも後々の未来のことは予言できない」と思うのが当たり前だと思います。

考えられないのに考えようと思っても、そんなことは無謀なことなのです。

ですから、他国の貨幣を買って、買ったタイミングの価値よりも円が高くなったとしてもそのマイナス分は少し経てば返ってくるだろうという気楽な思いで売買にチャレンジする必要があります。

為替の利益を積極的に上げるというよりもそれ以外の儲け、言うなればスワップ金利を上げるというのを、最初のターゲットということにしてやってみましょう。

当たり前のことですが、為替の差損に損失がすごく膨らむことがあります。

ですから、そのような差損が膨らんでもさほど困らないようレバレッジを少しでやり取りするのが肝心です。

FX(外国為替証拠金取引)は損が決まった範囲以上に増大してしまうと、追い証(追加保証金)を求められたり、ストップロスを置くことになります。

ストップロスを置いたら、直ちに売買を終了する必要があり、長期の取引が難しくなります。

このような危険を回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてトレードするのが安心かと思います。

次に中期スタンスの場合の取引を見てみましょう。

中期の投資のケースでは、最大で1?2ヶ月ばかり経った頃を考慮しての売り買いを行います。

為替売買の際は、およそ1ヶ月くらい後のことは、だいたい、先読みしやすいと思われます。

G7などの国同士の閣議の話題、為替トレードに参加している人たちがどんなポイントに着目しているかを調べればある程度予測できるはずです。

このような経済の状況を見つつ、グラフをチェックすることによってレートの動向を把握する事ができ、取引を決定するのがベストです。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどちらも良い状態でありあるいは買いが同様であれば、ほとんどの場合そのまま動いていくと思って差し支えありません。

その場合保有高を増やすことで一層大きいリターンを期待できるでしょう。

最後に短期のトレードの重要点です。

ここでの短期のトレードとは、つまりはデイトレーディングを意味しています。

為替市場でデイトレをする時は経済の状況は決して関連がないと言い切れます。

というのはあくる日の為替のレートの変動に経済の基礎的条件は影響ないからです。

この場合のミソは大きいイベントがありそれに影響されて為替レートが変動する機会を逃さないようトレードしましょう。

例を挙げると、アメリカにて雇用の統計が公開される、もしくは金融会議等により金利が変わるようなイベント。

こんなタイミングに動きを見過ごしてはいけないとの意味合いで、短期スタンスでは多種の知識が必要になる。

Copyright © 2002 www.martomgsm.info All Rights Reserved.