自動車の事故が起きた場面で、自動車事故の被害者であっても相手方が間違いを全く受容しないことは数多くあります。

例えば、意識的に起したのではなく注意が足りなくて相手の自動車を追突された状況などにそういった押し問答になる状況があるのです。

とは言ってもその場所で車のみの「物損」処理されて何ヶ月か後に異常が出てから、参考になる診断書出すというのは遅れを取る感は仕方がなくなります。

そうであるならば事故の過失割合の取り決めには何らかの判定基準が設けられているのでしょうか?正確に言えば警察が認定するのは主に自動車事故の大きな手落ちがあったのは関係したドライバーのどちらかという内容であって過失の割合ということではありません。

最終的に明確にされた事故の過失があった人が警察から公表される状況は考えられません。

そんな訳で、割合は当事者の話し合いによって決められ、その結果が損害賠償のベースになる訳です。

両方が任意の保険に加入していなかった時は、当事者が直接相談を余儀なくされます。

されど、当然ながらこの調整では、理性的でない問答になる可能性が多いです。

その上、お互いの主張が食い違えば悪くすると、係争に入りますが、これでは多くの時間と訴訟費用膨大な損は避ける事が出来ません。

このため概ね、お互いの人についている自動車の保険の会社に、そのように互いの保険会社に全て任せるやり方を利用して、過失の割合を慎重に確定させるのです。

このような際には、自動車の保険の会社は、それまでに起こった自動車の事故の係争の判決から決められた認定基準、判断例を参考に想定と話し合いを活用して割合を算定します。

とは言っても車での事故の場合では、遭ったのか起こしてしまったのかに関わらず、まず110番に連絡するのが絶対です。

その後自動車保険会社に連絡して以後の調整を一任するのが手順となります。

正確な手順さえ理解していれば両方の無益な交渉への展開を回避できるに違いありません。

Copyright © 2002 www.martomgsm.info All Rights Reserved.